歩む・残す(作品展・イベント情報)

コーヒーの香りあふれるシックでおしゃれなCAFÉ。
そこでおおみそか、元旦をはさむ年末年始をまたいだ作品展。
くれ行く年と新年をイメージした言葉を選び書に。
額装作品と小さなパネルを作り、それを額師風雅さんがスタイリッシュに
それでいてさりげなく装ってくださいました。

和紙に書いた作品を額装していく過程は私にとっては
必要不可欠。 額師風雅さんのお力なしには作品作りは
できないといっても過言ではないぐらい。
イメージを大切に、そして「新しい何か」を模索する
その気持ちも大切に額装してくださいます。

CAFÉでの開催がご縁でたくさんの方々に出会えました。
そのご縁が続き、今はそこでお教室もさせていただいています。
私にとって書と向き合う気持ちに大きなものを残した大切な
作品展となりました。

白晃×風雅 書と額縁とcoffee展

日時
2008年12/27(土)~1/11(日)

場所
CAFE NEW CLASSIC(カフェ・ニュー・クラシック)
http://www.cafe-new-classic.com/
790-0833
愛媛県松山市祝谷6丁目1190-1 sola 2F
089-924-5506

額師風雅的額装生活
http://fuga.blog.so-net.ne.jp/

フォトギャラリー

  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

これまでの作品展のあしあと一覧へ戻る

▲ページトップへ

筆文字屋 白晃
〒791-1102 愛媛県松山市来住町160-5
TEL&FAX: 089-975-1257

copyright © fudemojiya hakko. all rights reserved.